笑顔でいるために〜介護の話

自分だけは介護なんてものとは無縁だろうと思っていました
自分の親だけはいつまでも元気で、長生きするんだろうと思っていました

ところが。。。

ただいま、介護まっただ中

大変でしんどくて逃げ出せるものなら今すぐにでも逃げ出したいと思う事も度々
でも、いつかさよならするその時まで、とにかく後悔はしたくない

そんなしっちゃかめっちゃかな日々を綴っています

先日夫の受診付き添いに、コミュニティバスで行った時のこと



降車駅にあと少しと言うところで、信号が赤になって


窓から、ぼ〜っと外を見ていたら

 


あ、知ってる人だ。誰だっけ。。。?


そうだ!母がお世話になったホームの職員さん(^^)


と、思い出すのと同時に彼女も私に気がついて

 


顔が笑顔一杯になって、大きく手を振ってくれて


降車場所まで移動して、待っててくれました

 


「久しぶり〜 !!」きゃーきゃー言いながら再会を喜び


夫も挨拶をして、先に受付するように行ってもらい

ちょっと立ち話を(╹◡╹)

 


彼女は、母のユニットではない方の職員さんで普段はあまり会うことがなかったのですが


一泊旅行の時に「夜勤の時によくお母さんとお話しするんですよ。仲良しなんです」と声をかけてくださって


すっかり意気投合して、それ以来すれ違ったりするだけでも手を振り合うように(´∀`*)


 


この日は、夜勤明けなのにお母様の受診付き添いだとかで


タクシーで来られるお母様を待っておられた所だったそうです

 


彼女は、私にまたホームで会うし。。みたいな感じだったと言ってくれて
 


私も大阪へ行った時に、職員さんたちへのお土産を買って


あら。。。もう母はいないのにと苦笑した事があったと

 


ま、機会があったら届けようと思っていたら賞味期限が切れそうだったので食べちゃったって報告して


習慣になってたからねって言うと
 

気持ちだけで嬉しいですって

 


母にも私たち家族にもいろんなこと教わったし、助けてもらいましたとお礼を言うので
 


施設さんと家族が同じ思いで、同じ方向を向いて母と関わっていくことが大切だと思っただけだよと私が


「所長もリーダーも同じ事を言ってます!!」って(*^^*)
 



「私もよろしくね」って言うと「私の方が先かも」って大笑い
 


また、会議に行くねって言って別れたけど、母が繋いでくれた縁

 


すご〜く嬉しかった╰(*´︶`*)╯♡






お越しくださいね♪





今日は、父の時にもお世話になったお寺さんで母の四十九日法要でした
 


IMG_0680




法要の間、父は一人になるので「ちょっとだけ留守番お願いね」と断って


でも、きっと一緒について来ていたと思います(笑)




途中お茶とお菓子を出してくださって、10分ほどの休憩を入れて1時間ほどの法要でした


母が亡くなって、こんなに長い時間話したのは初めてかも(^^)

 



母の写真が着物を着ている写真で、ちょうど胸元に模様が浮き出て


光が当たって私の場所から見ると、手を合わせているように見えて


もちろん、子供のような小さな手なんですけど(╹◡╹)


 



今はまた父と並んで、私たちを見守ってくれています






お越しくださいね♪




九月に母が亡くなったので、喪中ハガキを次男とお嫁ちゃんのイラストで作ってくれて


印刷もネットで頼んでくれて、うちへ届くように(╹◡╹)

 


もう随分前に届いていたのを、そろそろ宛名を印刷して


11月になったら出しましょうと、準備を始めました

 


私のパソコンのソフトに夫のも私のも入っているので


まずは夫の分を印刷して
 


さて自分の分をと「マイ住所録」をクリックすると


「パスワードが設定してあるので、入力してください」って

 


パスワード(・・?)

 



あちこちでパスワードを設定しているので、一応ノートに書いてあるのですが


どこを探しても。。。ない

 


パソコン上のヘルプで、再設定が出来ないか探すが見つからないし


時間がもったいないʅ(◞‿◟)ʃ




えーい!!


もう一度新しく作っちゃえ!と入力し出したらめっちゃ時間かかる




今年になって生徒さんが増えたし


父や母の親戚にも出さないと。。と増えるばかり

 


取りかかった時間も遅かったので、印刷終えたら日付けが変わっていた


 


やれやれ(*´Д`*)









お越しくださいね♪




母が亡くなって、一ヶ月半



亡くなったということはわかっているけど


ホームに行けば会える。。みたいな気がして


長いこと行ってないな〜みたいな

 


でも、行けば必ず「りょうちゃん」「りょうちゃん」と手招きして呼んでた姿を思い出すと悲しくなったり
 


役所から介護関係などの書類が来て


「死亡につき変更します」のような文章を目にした時は


あ〜いないんだな。。。と

 


こんな時、無理しても生徒さんを受け入れて良かったと思うんですよね


ありがたいことに、月曜から土曜日までレッスンして


日曜日は、ど〜っと疲れて(^^)






来週は、父の時と同じ地元のお寺さんで四十九日を



いろいろ手配の再確認をして、またちょっとバタバタしそうだけど

 


当日は、久しぶりにゆっくり母と向き合うことが出来そうです









お越しくださいね♪




今日は、母の最後の手続きで年金事務所に行ってきました


先日 市役所へいろんな手続きをしに行った時に、親切に教えてもらって必要な書類を取って


母と私の関係を証明すべく、私の戸籍抄本を本籍のある市役所へ郵送で請求し


すべて書類は揃っていたのですが、なかなか行けなくて

 


昨夜電話で予約して、朝8時過ぎに出てイオンへチャリを置いて電車で




予約して行ったので、ほとんど待つことはなく


予約する時に内容を詳しく話していたので、ちゃっちゃっと進んであっという間に終わって
 


父の時は、予約がなかったと思うのですが、すごく待ってとても疲れた記憶があります

 



私と夫の戸籍を現住所のある市へ変えようと、ずっと前から思っていたのに


簡単に出来るって聞いていたので、便利だなと
 


行かなきゃと思ってるうちに、必要になって郵送で頼まないと行けなくて


こういう時のために変えようと思ってたのにσ^_^;

 

これを機会に早く変えようっと


一応、手続き関係はこれで終わり

 


やれやれ( ´ ▽ ` )









お越しくださいね♪





このページのトップヘ