笑顔でいるために〜介護の話

自分だけは介護なんてものとは無縁だろうと思っていました
自分の親だけはいつまでも元気で、長生きするんだろうと思っていました

ところが。。。

ただいま、介護まっただ中

大変でしんどくて逃げ出せるものなら今すぐにでも逃げ出したいと思う事も度々
でも、いつかさよならするその時まで、とにかく後悔はしたくない

そんなしっちゃかめっちゃかな日々を綴っています

施設の所長さんからは、一週間くらいは大丈夫ですよと言っていただいたのですが


ちょうど友達が、水曜日と木曜日が仕事が休みで車が出せると言ってくれたので


ホームの母のお部屋の片付けに夫と二日続けて行ってきました


タッチアップやポータブルトイレ、歩行器などはホームの方へもらっていただきました

 


持って帰っても困るというものは置いて行かれてください


こちらでも使わないと思うものは、粗大ゴミに出させていただきますのでと言ってくださったので


ワゴンの様なものは置いて来ました

 


不燃ゴミと燃えるゴミのふた袋出来たので、持って帰ろうとすると


持って帰る物じゃないですよ〜私預かって後でゴミに捨てておきますと職員さんが( ´ ▽ ` )


すみませ〜ん。ありがたくない置き土産でm(__)m

 


私がぽっぽとゴミに入れるので、職員さんが「まだ新しいのにもったいないですね」と


ここで処分しないと、持って帰ったら出来なくなるので、と言うと


そうですね。考えてやり出したら処分できませんよねと


コップや食器持って帰って来たので、処分できません。。はい

 


金曜日は市役所へ行き、必要な手続きを終え


今日郵便局へ行き、本籍地へ郵送で抄本を取り寄せたので


届いたら年金事務所で手続きしたら、一応手続き系は終わりかな

 


今日はホームの運営推進会議で、私は最後にお別れを言いに出席したいと言うと


所長さんが「OBとして残ってください。家族さんと切れるのは寂しいです」って言ってくださって



まだ7月に新メンバーになったとこなので、まだ一年以上残っているのですが(笑)
 


私もこのまま職員さんたちとお別れするのは寂しいので、行事のお手伝いや出来たら旅行も母の写真を持って参加したいと思っていました




なので、ありがたくお引き受けしました(*^▽^*)


帰りに母のユニットだった場所を覗いて、「このまま母の部屋へ行きそう」と言うと


職員さんが「お茶持って来ますので、ゆっくりして行ってください」と冗談で( ´ ▽ ` )



まだまだ私の居場所があるようで(*´-`)


 




ランキングに参加しています
コアラちゃんに挨拶をして帰ってくださるとうれしいです

 

出棺は14時半でしたが、10時に棺に納めに来られて


14時からお別れの式を行うという事で


次男は駅までお嫁ちゃんを迎えに行き、一緒にお昼を食べて来るよう伝え
 


妹と姪っ子は「石切りさん」に報告に行って来ると言って出かけ
 


母は、妹と姪や甥と石切さんに毎月行ってたんですよね
 


私と夫は、母のそばで


IMG_0625



いつも母のそばで歌っていたように、YouTubeで童謡を流しながら一緒に歌っていたら


夫が写真を撮っていた(*^▽^*)


とても幸せそうな私です♪
 



14時になって、友達代表で来てくれたいつものA子さんや妹の旦那も一緒にお焼香をして


母のお棺に、甘酒やイチゴジャムやぬいぐるみ、お菓子などいっぱい入れて


母の家から持ってきた着物を入れて、お花を切ってくださるので全部入れて


本当にいっぱい( ´ ▽ ` )
 


夫が後から「写真に撮っておいたら良かったと思うくらい、花に囲まれたS子さんは綺麗やったな」と言うくらい


肌はツヤツヤで髪も黒く、穏やかな母でした

 


今は、自宅法要している父と並んで私たちを見守ってくれています╰(*´︶`*)╯♡









ランキングに参加しています
コアラちゃんに挨拶をして帰ってくださるとうれしいです

 
にほんブログ村 介護ブログ 複数要介護者介護へ




お越しくださいね♪


最後は童謡で


翌朝10時に葬儀屋さんがお迎えに来られるまで


昨夜来れなかった職員さんや、小規模の職員さんたちがお別れに来てくださって
 


父の時もそうでしたが、母も葬儀場に向かう時は強めの雨で


私たちは濡れることはないけど、葬儀場に来てくれるであろう友達や職員さんたちに足元悪いなと思っていたけど



葬儀場に着いてすぐ雨は止み、悲しみの雨だったのかなと

 


私の友達がお別れに来てくれたり


職員さんたちがお昼と夕方とに分けて来てくださって


お花がいっぱい(*^▽^*)

 


次男がレンタカーを借りて来てくれたので、一度自宅へ着替えを取りに帰ったり



夜には、総合病院に変わるまでずっとお世話になっていた(私や夫は今でもお世話になっています)病院の先生ご夫婦も来てくださって



「ほんと、綺麗な顔してはるな〜」って
 



目が開いた気がするとか、息してたように見えたとか


来る人来る人が言ってて、本当に今にも起き出しそう

 


火葬場が混んでいて、次の日の15:30しか空いてないとのことで


母が一番可愛がっていた長男(カナダ在住)だけが来れなくて
 


亡くなった時点で電話した時に、どれだけ急いでも11日の夜になるので、12日に火葬を延ばしてもらえないかと長男が


関空が使えないので、東京から新幹線でが一番速いと言ってたのですが

 


今 日本は大変なことが続いているし、新幹線もよく止まるので


慌てて来て間に合わないこともあるし、気持ちはすごくわかるけど、もういいんじゃないって夫も私も言ってたんですよね

 


母のこのいろんな奇跡を思ったら、もし長男が来るようになってたら

葬儀場の方から「火葬場が一杯なのでもう少し遅らせて下さい」って言われるよねと


母も「もう無理して遠いところ来なくていいよ」って言ってるのかもと
 


11月に友達の結婚式で帰って来るそうなので、納骨をその日に合わせてやろうと思っています

 

なので、今回は母の隣に私と夫と次男がお布団並べて最後の夜を過ごしました(*´ー`*)



つづく 






ランキングに参加しています
コアラちゃんに挨拶をして帰ってくださるとうれしいです

 

いつも往診に来てくださる主治医の先生は、日曜日だったので京都のご自宅から来られるので2時間くらいかかるそうで
 


待っている間に葬儀場を決めるべく


2〜3日前にネットで見つけて資料を取り寄せていた「イオンのお葬式」に電話をして、葬儀場を探してもらいました


ホームのすぐそばにある葬儀場は、空いてるが付き添い安置は出来ないとのことでパス


私は、父の時と同じように「火葬式」で、絶対に付き添い安置(家族も一緒に泊まる)をしたかったんですよね


今は結構「帰ってください」と言われることがあると聞いていたので、事前にしつこくお願いしてました

 


二番目に探してくださった葬儀場が、奈良市になってちょっと離れるけど駅近で便利な場所で「付き添い安置」が出来るとのことでそこに決めて


この日はホームで泊まって、月曜日の朝お迎えに来てもらう事に





夫が「この場所行ったことがある」と


なんと!!


父が亡くなった時に、仏具を買うために友達に連れて行ってもらった仏具店のある葬儀場で


沢山ある葬儀場の中から、何という繋がり。。。

 



そうこうしている間に、夜勤以外の職員さんたちが次々にいらしてくださって


みなさんが「今にも、ご飯できたら呼んでなって言いそう」と言われるくらい、眠っているとしか思えない母の顔
 


ユニットリーダーさんは、体調もしっかり戻ってないのに京都から車を運転して駆けつけてくださって


「私、泊まってたのでそばにいたのよ」と言うとリーダーさんも


「私も連絡受けた時、絶対りょうちゃんがそばにいはると思ってました」って(╹◡╹)

 


先生が来られて、土曜日の血液検査で腎臓に異常が見られ炎症反応も出てたと


血尿が出てたので、きっとその熱だろうとナースさんと話してたけどやっぱり。。。

 


先生が帰られて、職員さんたちが母を綺麗に清めてくださって

ターミナルに入った時に持って来ていた、母の着物を着せてくださって


帯はりょうちゃんも手伝ってと言われて一緒に

お化粧も、仕上げの口紅は私が



着物は、去年の三月末からクローゼットにしまったままで「シワ」になってた(ー ー;)
 


でも、一度も染めたことのない黒髪で肌もツルツルで

今までで一番顔色がいいかもっていうくらい綺麗で
 


家族さん泣いてないのにごめんねと、次々お別れを言ってくださって


所長さんが、また明日葬儀場へ行かせてもらいますねと
 





それでなくても大変なのに、夜勤の職員さんがポットに入ったお湯やコーヒー お茶などを持って来てくださって




母のベットで着物姿の母と私が寝て、夫は簡易ベットでホームの最後の夜を過ごしました




つづく



ランキングに参加しています
コアラちゃんに挨拶をして帰ってくださるとうれしいです

 

母の所へ着いたのは、日曜の17:30頃


「簡易ベットを用意しますよ」と言ってくださったのですが「母の横で寝ますからいいです。丸椅子借ります」と言ったのに


少しでも楽にとソファーを入れてくださってm(__)m
 


熱が下がらないので「ハーハー」肩で息をしている母に


ごっくんゼリーを飲ませたり「ご飯」って言ったので、ふりかけご飯を一口食べさせて
 


何か言うんだけど、歯がないのではっきりと分からなくてσ(^_^;)



「帰るの?」って聞くと「うん」と頷くので「熱が下がったら帰ろうね。それまでここにいるよ。」のやりとりも何回かして


母の横に寝たり、水分を取らせたり


タオルを濡らしておでこに乗っけたり


お昼にした時は嫌がって手で払ってたのに、されるがままで

 


寝たのか返事をしなくなって、しゃっくりの様な息をして


夜勤の職員さんが見に来られたので「息遣いが落ち着いて来たね」とか言いながら
 


ソファーに座って母を見ていたら静かになったので


「え!!息してる?」と「お母さん」と声をかけても反応なし


耳のそばで声をかけてもしら〜ん顔
 


ナースコールを押して職員さん呼んで「息してない気がする」って言うと


すぐナースさんに来てもらいますと



一度お家に帰られていたナースさんが、すぐ来てくださって


サチュレーションも血圧も反応なくて


いつのまに????

 


私が見守る中で、静かに母は逝ってしまいました
 


つづく

 



コメントを下さった方々お返事出来なくてごめんなさい

まだ続くので、しばらく母の記事にはお返事出来ないと思います

書きづらいと思うのでお気遣いなくね



ランキングに参加しています
コアラちゃんに挨拶をして帰ってくださるとうれしいです

 

このページのトップヘ