笑顔でいるために〜介護の話

自分だけは介護なんてものとは無縁だろうと思っていました
自分の親だけはいつまでも元気で、長生きするんだろうと思っていました

ところが。。。

ただいま、介護まっただ中

大変でしんどくて逃げ出せるものなら今すぐにでも逃げ出したいと思う事も度々
でも、いつかさよならするその時まで、とにかく後悔はしたくない

そんなしっちゃかめっちゃかな日々を綴っています

朝いつものように母んちの玄関の鍵を開けて。。。。

あらら、チェーンが(゚ロ゚;)エェッ!?

母は硬くなってるからと、もう何年も前からチェーンはかけたことがなく 

まさかの事態にびっくり

「開けて~」と怒鳴ってみた

母が出てきて「ごめん」と笑いながら開けようとしたけど




開かない。。。

「あら、どうやるんだったっけ?
閉めたはいいけど、開かない」って


ええ~~~~!

外から指示をするけど

かちゃかちゃ音ばかりで・・・・開かない

母んちはマンションの三階の一番端なので、玄関からしか入れない


もし、開けられなかったら

お隣さんに声をかけて、バルコニーの仕切りを蹴破らないと。。。とか

お隣さんいなかったら、そのお隣さんへ~とか

いろいろ考えてたら

「開いたわ」って


も~何年もかけてないチェーン


想定外でしたわ


父がいないので心配だしって母が

ま~そうですけど

夜中に母に何かあって、入ろうとしても入れないじゃん

「チェーンはやめとこか」と母

心配なら、もう一個鍵をつけようかとうことで
一応一件落着

覚えてるかな。。お母さん

明日行ったらまた、がっしゃ~んって?


夕方は歯医者さんで、やっと無くした部分入れ歯を新しく作ってもらって

これでやっとご飯が食べられるねと先生に言ってもらったのに

夕飯食べてる途中で
「今までなかったのに、入れてると変だから」と外しに行く母

いやいや、今日食べて食べにくかったり痛かったら
またいらしてくださいって言ってたやん?

入れて食べないと、何のために作ったんよ

「あ、そうか」と母

しっかりしてや~。゜゜(´□`。)°゜。




 プロフィールの「パンダちゃん」をクリックすると
「笑顔でいるために」各ブログの新着記事がわかります

よろしければ、そちらにもお立ち寄りください
  

父のところに行ったらちょうどお食事中で

お食事中と言っても、鼻のチューブから栄養をとっているので
ナースステーションにいました(笑い)

私が来たので、病室の方に連れて来てくださって
話をしている間にお食事も終わり

今日は言語聴覚士さんがいらして、口の中を診てくださって

「わ~綺麗になりましたね。看護師さんたち頑張ってくださったんですね」って

奥の親不知がぐらついていたり、歯茎が炎症をおこしていたりで
かなり口の中が汚かったようですが

丁寧にケアをしてくださったのでしょう
ありがたいことです

口の中がきれいになったので、今日は飲み込みの練習をしましょうと
ゼリーを持ってきてくださいました

私は「やった~!」って思ってるのに父は

「今は腹が減っとらんからいい」だの

「ゼリーは食べれますか?」と聞かれて

「あまり、好かん」だの(  ̄っ ̄)ムゥ

「ちゃんと口から食べれないと、家に帰れないじゃん
食べてみよう」となんやかんや、話をしてなんとかスプーンで二口

「もう一口だけ食べましょか」と言ってくださっているのに

「もう結構ですわ」と言って
なんどか薦めるスタッフさんに「いらんて!」とか言ったりして

もう~わがまま

「みんな一生懸命お父さんのこと考えてくれてるんだよ」みたいなことを
つい言ってしまった

ぶつぶつ言いながらも、もう一口食べて

口の中に残ってないか、口を開けて診てくださって
のどがごろごろ言ってないか、聴診器を喉にあてたり

誤嚥性肺炎にならないように注意して診て行きますねと

たった三口のゼリーでしたが、飲み込めてなんか感激

当たり前のように、口から物を食べていることがなんて幸せなんだろうね

はやく鼻のチューブが取れて、自由に動けるようになるといいね

そのあと、やっとベットに寝かせてもらって少し昼寝を

今日は、歌も歌っていました笑

懐メロか軍歌かわからないけど。。。
 


プロフィールの「パンダちゃん」をクリックすると
「笑顔でいるために」各ブログの新着記事がわかります

よろしければ、そちらにもお立ち寄りください
  

今日父の病院へ行ったら、ちょうどリハビリに行くところで

今日はケアマネさんが面会に来られていたので、一緒に見せていただきました

行く前から何やら文句たらたら言ったり
少し大きな声で怒鳴ったり。。。  すみませ~ん

ま、元気になったと言う事かと
スタッフさんたちには申し訳なかったですが、少し安心したりなんかして

でも、ケアマネさんが「こんにちは」と声をかけると
「こんなとこまで、すんませんな」と挨拶してるし。。笑

リハビリのスタッフさんたちは、今日は会話が成立して
しっかりしてこられましたねと、おっしゃって ました

立ち上がることは出来るのですが、歩く事が出来なくて
と言うか、本人に歩く意思がなくて、最初の一歩が出ないと 。。。

今日は私もいたのと、立ち上がった時にしっかり立ったので
「歩いてみよう」と、歩行器でスタッフさんも三人がかりで支えてくださって

10mほど歩いて椅子で休憩して、また戻ってきました

ちゃんと自分の足で歩いていたそうで

めっちゃ感激

スタッフさんたちも、とても喜んでくださって

この調子でリハビリが進むとうれしいのですけど



プロフィールの「パンダちゃん」をクリックすると
「笑顔でいるために」各ブログの新着記事がわかります

よろしければ、そちらにもお立ち寄りください
 

 

部分入れ歯をなくしちゃった母

来週の月曜日にやっとこさ出来て来るらしく

今日も歯医者でした ので
介護タクシーを予約して、一緒に行ってきました


父も歯茎が炎症を起こしているらしく

訪問診療で歯医者さんが病室で治療してくださるそうで

毎週火曜日に来られるとかで、先週予約を取っていました

ところが、予約が一杯だったらしく、連絡ミスで昨日は診てもらえず
昨夜謝りの電話が私にあって、今日診てくださることに 

家族さんにも立ち合いお願いできますかと言われたので
今日は私は母の歯医者だったので、夫に立ち合いを頼みました

父は親不知がぐらついているとかで、その周りも炎症を起こしていて
抜いてしまえば良いのですが、出血とかが父の病気にどう影響するかで

主治医の先生と相談されると言うことで
また、来週の火曜日に診てくださるのだそうです

今日は、夫が行ったら父はナースステーションにいたそうで

ベットを起こすと落ちる危険もあるので、どうしてもベットをフラットにすると
寝てばかりでになるそうで

寝てばかりじゃダメなのでと、車椅子に座ってナースさんたちの間に(笑い)

ま、一番安心な場所ですが笑

昨日は、私が母の通所サービス先へ母のリハビリのことで行ってたので
妹が父の病院へ行っていたのですが

その間に点滴を抜いてしまったり、その処置をしてもらってるときに
鼻のチューブを抜いたりで大変だったそうで(;´Д`)


父が入院して、二日も行かなかったのは初めてですが

私の時は単調な日なのに、まあ賑やかな日だったのね(′∀`)

妹は災難でしたが。。。



明日は母をデイに送り出して、久しぶりに(?)父の顔を見て来ましょう



プロフィールの「パンダちゃん」をクリックすると
「笑顔でいるために」各ブログの新着記事がわかります

よろしければ、そちらにもお立ち寄りください
 
 


 

母が帯状疱疹後、左手が痛くてあげることが出来なくなって

先月末に、神経内科でMRIも撮っていただきましたが

年齢によるものですが、靭帯が飛び出して脊髄が押されているのと
帯状疱疹が原因で、脊髄が損傷していることが原因らしく

肩の筋肉が固まってしまわないように
リハビリで残った筋力をのばすしかないかと

で、リハビリをどうやっていくかということで

今日、母の訪問サービス先の「Nの里」に、リハビリの先生がいらして
ケアマネさんや所長さん・看護師さんたちも立ち会ってくださって

母の様子を診ていただきました

その作業療法士さんは、母が膠原病や心臓などを総合的に診ていただいてる
病院のスタッフの方なので

レントゲンやその他の情報も、みなわかっておられるので
いちいち説明しなくてもよいので、すごく助かりました

女の方ですごく優しい方でした

私も先生の来られる時間に合わせて、「Nの里」へ

母を送り出してから、洗濯物だけ干して行ったのですが
危うくバスに乗り遅れそうになって、走った 走った

めっちゃしんどかったです笑い

1時間ほどゆっくり診てくださって

肩がどうのという、骨・関節の問題ではない
帯状疱疹後の神経痛から痛みが残っているので

今は痛みを減らす治療として、痛み止めの薬で神経をぼやかしながら
痛くないことを選んで、動く範囲を確保しましょうと

肘から先はゆっくりですが、自力で動かせるので
ゆっくり動かせる範囲で動かす

肘から上は、右手を添えてゆっくり上げ下げするなど

痛いのでどうしてもかばった姿勢になって、左肩が上がっているので
意識して下げる

今は右手だけで顔を洗っているようですが
それも出来るだけ左手も使って洗ってみるとか

それを繰り返して、無意識に何気に左手が使えるようになったら
リハビリを本格的にやりましょうと

今はリハビリを無理にやっても痛いだけなので効果はないし
かえって逆効果だと言う事です

それまでは無理やり痛くても使わないと、固まってしまうんじゃないかとか
心配でしたが、肩は固まってなくて十分動いているそうなので一安心

どういう事をやればいいかが、はっきりとわかったので

今日この時間を設けてくださった「Nの里」のケアマネさんはじめ
スタッフのみなさんに感謝です

まだまだ、なが~っくかかりそうですが、気長に母と頑張って行けそうです
 


そうそう、リハビリの先生よりはやく着いたので

利用者のみなさんや母と一緒に「体操」やってきました~笑い




プロフィールの「パンダちゃん」をクリックすると
「笑顔でいるために」各ブログの新着記事がわかります

よろしければ、そちらにもお立ち寄りください
 
 

このページのトップヘ