リハビリ棟に移ってからは
母も時々お見舞いに来るようになって

インフルエンザや風邪の流行っている時期に
膠原病の母が肺炎にでもなったら大変なので
出来るだけ来ないようには言っていましたが

父の好きなゼリーを、重たいのに
病院の側にあるスーパーで買って持って来てくれました

一日に何回も行ったり来たりする私を、気づかってだとは思いますが
もうそんなに行かなくて良いよって母が言うんですけどね

でも高齢で個室にじっとしていたら認知症になるでしょ
そうならないために私は行って、話し相手になるんだよって

父とあんなにいっぱい話したのは、あの時くらいでしょうね(o^冖^o)

認知症の事も心配だったので
入院中にMRIを撮ってもらえないか、看護師長さんに頼んだら

リハビリ棟なので他の治療は出来ないと断られ
ちょっと納得のいかなかった私は
回診に来られた担当医にもう一度お願いしてみたら、いいですよって二つ返事で

その時の結果は
年齢なみの脳の委縮は見られるが、脳梗塞などはないですと

なんか簡単な説明でしたが
認知症の治療は今のところは必要ないということでした

相変わらず濡れたパジャマのズボンと紙オムツを
自分で脱いでベット下に置くとか置かないとか
やいやい言われながらも紙パンツに変わり

車椅子に乗ってトイレにも連れて行ってもらえるようになりました

そして、リハビリ棟に移って40日位経った頃
食事デビューをしました

ここでは三度の食事を談話室で取るのです
歩ける人は自分で杖をついたりして行き
 
歩けない人は看護師さんなりスタッフさんが
お部屋まで迎えに来てくれて、車椅子で連れて行ってくれます

同じ階の患者さんたちが集まって、おしゃべりしながら食事をします
ちょっとデイサービスでの食事の感じで、それもリハビリの一環だそうです

最初の日は夕食だけでしたが
三度の食事もそこで取るようになったら

私は、午前中に病院へ行って、いっぱいしゃべって昼食前に帰り
午後からリハビリ見学も兼ねて病院へ来て、おやつを買って行って
一緒に食べたりして、夕食になったら帰るというスタイルに

仕事の都合で夕飯を待たずに帰る時は
仕事が終って来て、寝るまでいたり

あれ?
父の付き添いやってた時仕事どうしてたんだろう?

ああ、夫と交代で帰った時にやってたわ
でも時間変更や曜日変更でいろいろ迷惑かけたな~

食事デビューやリハビリで歩行器を使って、歩く練習が始まったり
まだ病室とリハビリ室だけですけどね

この時は
退院するときは父は歩けるようになって退院するとばかり
思ってたんです、母も夫も私も。。。。