父はもう70をとっくに越えていたと思いますが
自分で携帯の契約をしてきて、メールもやっていました

5年前の腰椎粉砕の入院の時も
病室から携帯で電話をかけてきていました

そのあと認知症状になってからは「みまもりケータイ」に変えて
それからかけて来てたのですが

みまもりケータイは私にしかかけることが出来ないので
だんだん使わなくなり、いまでは固定電話もあやしくなって来ています


これは2011年 二年ほど前の父のエピソードです

*************************

夕方父から、我が家の固定電話に電話が
母なら携帯にかけて来るので、固定電話は大抵父からです

携帯だとブルートゥースが使え、両手フリーになってイライラしなくて話しが出来るので
日頃から携帯にかけて来てねと言っているのですが
なぜか父は、固定電話でかけてきます

なので、私はその電話は無視してすぐ携帯にかけ直していました

父の携帯にかけたのに、出て来たのは母・・・ん???

「あれ?お父さんは?」

「いはらへんよ」

「今電話かけて来てたやん」

「い~や~、ちょっと前に外いかはったよ」

・・・・・・
父は瞬間移動でもしたんかいな
とバルコニーから下をのぞいてみたら

なんと、そこには

子機を持って、にこにこしながら、こっち向いてる父の姿が Σ(°д°lll)ガーン

へ~ 子機で外からでも通じるんや~
って感心してる場合ではなく

外行く時は子機ではなく携帯持って行ってね

おとうさん  (*^_^*)A


***********************

今は子機で電話がかけられなくなって
親機の短縮でしかかけれなくなってしまいました

今夜も何回も電話して来て
「どうしたの?」と聞くと

「お前の所に電話かけようとしたけどかからん」って

「今かかってるよ」

「ほんまか。まああとでまたかけるわ」って

何の用事かち~っともわかりません。。。苦笑