毎年7月の第2土曜日に

本願寺津村別院(北御堂)で納骨法要が行われます


ここへ納められている大切な方々を偲び

阿弥陀様の前でお勤めをしていただきます


私は、去年と今年で二回目ですが、本当にたくさんの方々がいらしています


去年は夫と行きましたが

今年は無理かなと思っていたら


夫が昼間の母の介護を引き受けてくれたので

私だけいって来ました
 

11時からで妹と甥も参加して


次男も行くつもりでしたが

朝の7時前に

徹夜で今から寝るので起きれないと思うとメールを送って来ました


徹夜や深夜の帰宅の多い仕事で、本当に体は大丈夫かいな 


彼は北御堂と自宅が割と近いので

行事に関係なく、お嫁ちゃんとよくお参りしてくれているので

無理しないでと

 
 
お経を聞いていると、なぜかまだ私が独身だった頃の父の姿が思い出されて

いつもそばにいると思ってるので、写真に向かってゆっくり話すことも減って

特に今は、心に余裕がなかったというのもありますが

久しぶりにゆっくりと父のいろんな場面を思い出しました



12時頃には終わったので、そのまま母のところへ行っても

2時には着いちゃうし


今日は夫が昼担当で、私が夜担当なので19時くらいまでいるのに

ちょいと長いでしょっと

 
ずっと行けなかったコンタクト(眼科)へ行き、妹たちとお昼を食べて

4時頃病院に着いて、テレビが小さいというので車椅子で散歩へ


パックジュースを買って、待合室の大きなテレビを見てたら
 

ちょうど建築家の安藤忠雄さんの番組で

国内国外の建物が映ったり景色も綺麗で、飽きずに見てました
 

母は「あ、凱旋門!行ったわ」って

確かにあちこち妹と海外旅行は行ってたようですが

どこへ行ったのか、私は全部把握してないので、本当かどうかはわからない

「よかったね」って言っておきました 
 

その番組が終わって病室へもどり

今日は「カステラ」より「プリン」が食べたいが多かったわ


三食に必ずプリンがついてくるので、また夕飯に来るよと


家のテレビは大きくて、ベットのまえにあるねん

あれ持ってきてって

GHの様子を自宅と思い込んで話してました

持って来られへんって。。。重いし

早く退院して、おっきなテレビ見ようねと言っておきました 



看護師さんたちは、同室の患者さんは高齢者ばかりだから

結構大きな声で話されるんですよね


カーテンで仕切っていても、お隣のおじいちゃんに

「痛いとこない?」って聞いていたら


「お腹が痛い」って母が

お母さん違うよ  お隣さんに聞いてるの 


「もうすぐごはんだよ」と看護師さんがお爺ちゃんに聞くと

「私は、うどんかラーメンが食べたい」って母が


誰もお母さんに聞いてないって


先日車椅子でエレベーターに乗っていたら

途中の階から、白衣を着た先生なのか研修医なのかわからないけど

乗って来られて


母はみっ~けとばかりに

「先生お腹が痛いんです」


「お母さんの先生と違うよ」と私が言うと

「ちゃんと治してもらってくださいね」と先生が


そりゃ、急に振られた先生もびっくりだけど

ちょっと返事が普通すぎて面白くな~い


まだまだだね



ランキングに参加しています
コアラちゃんに挨拶をして帰ってくださるとうれしいです
 

   プロフィールの「パンダちゃん」をクリックすると
「笑顔でいるために」各ブログの新着記事がわかります

よろしければ、そちらにもお立ち寄りください