今日は、朝7時45分に予約していたタクシーで

ホームへ母を迎えに


8時半から点滴が出来ると言ってたので

ちょっとでも、早く帰ってこれるようにと


タクシーは時間通りに出発して、5~6分で母のところへ


母は、起きたばかりだそうで

職員さんに髪をとかしてもらいながら

コートも着て、半分寝ぼけて

車いすに乗って待っていましたσ(^_^;)


朝ごはんも、薬もまだらしく

パンとメイバランスミニと薬を入れたバックを

「お願いします」と、職員さんにもらって


スムーズに流れて病院に着いたら、8時ちょっと過ぎ

点滴だけなので、予約の用紙などはないので


「検査のみ」の番号札を取って

正面受付は、8時半にならないと開かないので


夫と母は、点滴室の前で待って

私は受付のところで待って、受付の窓口が開いて

すぐに呼ばれて、保険証を確認してもらって

ファイルをもらって、内科の受付に出しに行き


夫と母はもう点滴室に入ったのかな?と

扉の前で、一瞬躊躇していたら


廊下の向こう~から「点滴室に入られましたよ~」って

泌尿器科の看護師さんが、大きな声で教えてくれました


マスクもしていたので、わかりにくいと思うのですが

めっちゃ遠くから声をかけてくれて


病院内に顔が知れてるのは、ある意味助かるかもね(^_−)−☆


以前は、点滴を大体のスピードで落として途中から速めたりとかでしたけど

今は、計算機のようなものを持ってられて

500mlの点滴を4時間で落とすように操作して

多分 音がしてそれに点滴の落とすスピードを合わせるのだと思います

なので、予定通り4時間で終わります

すごいですね

救急外来では、そんな丁寧にやってる場合ではないのでしょうが(苦笑)



平日の点滴室は広いし、患者さんは次々来るんだけど

なんかゆったりした雰囲気


ベットもリモコンで頭の方を上げたり出来るので

飲食の時は座った状態くらいに、頭を上げればいいんだと


一口飲んでは「もういいわ」

ちょっとしたら「なんか飲みたい」という母

座ったり寝たりが面倒になって、飲みたいと言っても

「座って」って言うと「もういいわ」と飲み食いを諦めるので


今日は、リモコンを利用して

母が「飲みたい」と言うと「頭をあげるよ」と


飲んだら「もういいわ。下げて」と母

ウイーンと30度くらいまで頭を下げて


またすぐ「飲みたい」と母

ウイーンと60度くらいまで上げて飲んで


「下げて」で30度くらいまで。。。


を、延々∑(゚Д゚)


上げたり下げたり、遊んでるみたいで

母も気分悪くならないのかね
 

などと思っていたら、途中で下がらなくなって

え!壊したか


と、思ったらナースコールの線が挟まってて


今日もほとんど夫がそばにいてくれて、私は短い時間だったのに

そのうちのほとんどがベットの頭の上げ下げσ(^_^;)


なんじゃらほい


院内放送で「近辺でインフルエンザ警報が出ています。

面会は家族以外の方はご遠慮ください」と
 

土曜日も一応予約して来たけど、こっちは救急外来  


出来るものなら避けたい(ーー;)
 

金曜日にでも、母の様子を聞いて判断して

来週の平日に変更しようかと、夫と相談してます
 

母だけではなく、夫でも私でもうつったら最悪なんで(´-`).。oO



ランキングに参加しています
コアラちゃんに挨拶をして帰ってくださるとうれしいです