笑顔でいるために〜介護の話

カテゴリ: 介護保険を使って

先日退院してくる母の為に、介護ベットを搬入して 

その際に 、一人で家の中で過ごす母にとって危ない個所などを

業者さんと一緒に確認しました


父が腰椎粉砕で入院し、要介護2になった時に

玄関周りや洗面所・トイレの中など必要なところに手すり工事をしましたので

そう、大きな工事をするところはないようですが 


先日玄関で母が転んで、救急車で病院へ行くと言うことがあって 


玄関の上がるところに、手すりはついているのですが

ついていない方の下駄箱に手をついて上がろうとしたようで 

なんとか方法はないかと思ったのですが


天井と床に突っ張り棒を。。と言う案があったのですが

天井が耐えられるほど、しっかりもしていなくて


ま、母が一人で玄関の出入りをすることは

今の時点ではほぼないので、私なり職員さんなりが

上がってしまうまでしっかり見てれば回避できるかなと。。。


ただ、今は。。。ですけどね


新聞も、今は自分で取りに出ることはありませんが 

絶対にないかと言われると。。こればかりはわからないですし

業者さんにもらったカタログや、ネットの介護用品などで検討中なんですよね


あとは、母の動線を見ていたら

トイレに行くときは、手すりなど上手く利用しながら行ってますが


トイレから出るときに 、後ろ向きに出てくるので

トイレの戸をつかんで出たりすると、戸が動くのでちょっと危ないかなと


トイレの戸は左側に開くので、右の壁に手すりが欲しいなとか


業者さんといろいろ話をしました


母は、要介護2で介護保険で使える枠もそう多くはなく

まして、小規模を使っているので介護用品のレンタルに使える枠が少ないんですよね


その代り、小規模は訪問や泊り・通いと他ではないサービスが

介護度に関係なく使えるという利点があるんですよね


業者さんがケアマネさんと利用枠の面なども相談してみますと言われたので

介護保険の枠が使えなくても、母の安全のためなら

実費になってもいいので、よい介護用品があったら教えてくださいと

お願いしておきました


現に、介護ベットはもう介護保険では足りないので

レンタルのベットを利用しているんですよね


母が一週間のうち二晩は家にいるので

たかが、二晩ですがやれることはやっておきたいなと

 



ランキングに参加しています
                  コアラちゃんに挨拶をして帰ってくださるとうれしいです  
  プロフィールの「パンダちゃん」をクリックすると
「笑顔でいるために」各ブログの新着記事がわかります

よろしければ、そちらにもお立ち寄りください


先日ベットの入れかえと同じ日に、車椅子も持ってきてもらいました

大抵父も母も移動はタクシーなのですが

近所の病院など、タクシー呼ぶには近すぎる
でも、歩いてはいけない。。。ってところが結構あるので

あまり使うこともないけど、買うよりレンタルが良いかなと
思っていたら

父はデイに行くときには、今までデイの車椅子を持ってきていただいていたのですが
これからはレンタルした車椅子を使うことになって

車椅子も使ってもらえて大喜びだわ

で、車椅子につけるネームタグを買ってこようと思っていたのに
す~っかり忘れていたΣ(゚д゚;)

明日さっそく使うのに。。。

で、思い出した

いいものあったわ

7


「ひよこちゃんオリジナルネームタグ」

先日「日清焼きそば5個パック」買ったらついてた

で、自分のカバンにつけてたのを外して、名前や住所を書いてOK

あ、でもデイでは大丈夫だろうけど、なくならないようにしないと

可愛いもんね

持ってかないでね~♪
   



プロフィールの「パンダちゃん」をクリックすると
「笑顔でいるために」各ブログの新着記事がわかります

よろしければ、そちらにもお立ち寄りください
 

 

デイサービスとは送迎バスでデイサービスセンターに通い
食事や入浴・リクレーション・リハビリなどのサービスを
日帰りで受けるサービスです

時間も、午前中の所や夕方までなどセンターによって様々ですし
食事も母の所はセンターで作ってられますが、父の所はお弁当のようで

入浴も一人ずつの所もあれば何人かで入ったりと
いろんな所があるようです

父の時は退院と同時にデイサービスに行き出しましたので
あちこち見学に行く事はなく、ケアマネさんの助言で決めた気がします

幸い気に入ってくれてもう5年ほどお世話になっています

母も出来たばかりのデイサービスに見学に行ったのですが
その時はもう行かないと言ってたのですが

お風呂に一人で入れなくなって、お風呂好きな母は
それだけで行き始めたようなもので

でも行き出したらとても楽しく、気に入って
ほとんど休む事がありません

どちらもみなさんよいスタッフさんたちで不満なんてないのですが。。。


この日帰りの「デイサービス」の他に「ショートステイ」というのがあります
ショートステイは、施設に短期間だけ入所して生活の援助サービスを受けます

母の入院の時に父にこのサービスも利用しましたし
サマフェスの時は父母2人して、ショートステイに行ってもらいました

ショートステイは、定期的に利用する方が多く
毎週とか毎月とかで利用されておられるようです

何ヶ月か前から予約出来るので
急に必要になっても予約でいっぱいと言う事があって
私もあちこちケアマネさんにあたってもらって、大変な思いをしました

それよりもショートステイに行くのを嫌がった父を連れて行くのに
ほんとすごい心労で。。。

これが行き慣れたデイサービスで泊まることが出来たら
何の心配もなく、すんなり行けたのだと思います

父や母の所はデイサービスと訪問介護しかありません

そう思った時にショートステイも利用出来るデイサービスに
行かせておけば良かったなと、後悔するんですよね

デイサービスを決める時に、情報として欲しかったなと

ケアマネさんも言ってくれたのかも知れませんが

先々の事を考えて、ショートを利用する様になったら
抵抗なく利用出来ると思うよって、言ってくれたのかな~

なのでこれからデイサービスの利用を考えておられる方は
先々の事も考えて、いろんな所を見て決められると良いかと思います

私の経験からですが







 

父は、4年前腰椎粉砕で歩行困難になって
要介護認定の申請を行った時からずっと要介護2でした 


****************

要介護認定を申請すると、介護認定審査会の審査結果に基づいて

日常生活に見守りや支援を必要とする「要支援1~2」

日常生活において介護を必要とする「要介護1~5」
分けて判定されます

要介護認定には有効期間があり、新規の場合は6カ月、
更新の場合は市町村によって1~2年となります。

有効期間内であっても、心身の状況が大きく変わったときなどには、
いつでも要介護度の区分変更申請が行えます。

*******************

父は、去年の暮れあたりから薬の飲み忘れが目立ってきたり
(これは、父の薬の世話をしていた母にも原因があるのですが)

食事にも支障が出てきたり、部屋の中で良く転ぶ様になったり 

物忘れ外来の先生には毎回
「デイを増やして出来れば毎日でも行った方が良いです」
って言われるのですが・・・

要介護度によって
1カ月に利用できる介護保険のサービスの上限額は決められていて

それを超えてサービスを利用すると
上限を超えた分は1割負担ではなく、全額自己負担となってしまうんですよね

「要介護2」では週3回のデイ利用しか出来なくて
ケアマネさんと相談して、ちょうど今年の一月頃に区分変更申請をすることにしたんです

主治医に意見書の作成を依頼し

市役所の高齢介護課の職員さんが認定調査に来られ
私ももちろん同席していますが、いろいろ父に質問されます
 
いろいろな質問に、普段出来てないことも
こういう時って本人は出来てる様に答えるんですよね笑

丁度私と父と並んで
向かいに市役所の方が座られたので

父は「出来ますよ」って言ってる横で
私が「ううん、ちゃうちゃう」と首を横にふったりして(ノε`*)ンププ

帰られる時に外で認知症の事についてなど
本人に聞けないことなどを話しさせてもらいました

要介護度の認定は
この調査書や、主治医の意見書などが判定基準となって
介護認定審査委員会によって、申請から約1カ月ぐらいで行われるそうです

そして、一ヶ月後くらいに申請が認められて、父は「要介護3」になりました

なので、今まで週3回だったデイを4回に増やしたり
母の病院行きなど、必要に応じてデイを増やしたり出来る様になりました

その他にもお布団の丸洗いサービスとか 
紙パンツの給付券がもらえたり受けられるサービスが増えました

病気が進むという点では喜ぶ事ではないのですが

やはり受けられるサービスが増えると
介護者としては随分助かる部分もあり、ちょっと複雑ですけどね


2012年3月頃 

母の病院付き添いがどっと増え、私も一杯一杯になって来たのと

母も出来るだけ出来る事をしようと

この頃は、整形のリハビリや歯科など
先生の説明を一緒に聞くことがあまり必要でない所は
一人でタクシーを利用して行っていましたが

タクシーの乗り降りも結構大変なので
気になるしで

介護保険の申請をすることにしました


変形性膝関節症で膝の痛みで治療を続けていた母は
整形の先生からも申請したらと、ずっと言われていたのですが

まだ一人で大丈夫なのでいいですと言っていた ようで。。。

でも、関節リューマチも発症して、ますます歩きづらくなって
やっぱり 申請するわと言うので

父のケアマネージャーさんに 手続きをしていただきました 

市役所の高齢介護課の方が、聞き取り調査に来られ
それと、主治医の意見書などとで判断して介護度が決まります

サービスはいろいろありますが
私たちが一番受けたかったのが、介護タクシーの利用で

運転手の方は、介護福祉士や
ホームヘルパー2級の資格を持っておられ

玄関まで迎えに来てくださり、病院の受付まで送って
帰りは受付から自宅の玄関まで、送ってくださいます

利用料はタクシー往復よりちょっと安いくらいです


金額もそうですが、
家から家を安心して送迎していただけるのは、とても安心で

私も、これで すこしは楽になり
母も私にすまないな~と気兼ねせず
サービスを利用できるので、ほっとしました("▽"*) 


介護保険の申請をしてからちょうど一ヵ月経った頃、介護認定が下りました

「要介護」で下りると良いねって言ってたのですが
結果は「要支援2」でした

 
「要支援」で使えるサービスは

* 住宅改修費(たとえば手すりなどを付ける)は
  一生涯に20万円までで 1割負担

* お風呂の椅子など介護用品を購入する時は
  1年に10万円までで 1割負担
  これは1年ごとに使った金額がチャラになって
  毎年10万円まで1割負担で使える

* デイサービスを利用するとかベットを借りるとか
  お掃除に来てもらうとか(訪問介護)の
  サービスを受ける時は、1ヵ月限度額10400円の1割負担
  越えた場合は実費


新規の認定期間は半年なので
また半年後に更新の手続きをしなければなりません

その後は1年ごとに更新です

その当時、父が「要介護2」でしたので、すでにトイレの中やろうかなどには
住宅改修のサービスを使って手すりがつけてあります

母はその手すりを使ったり
テーブルを伝ったりして家の中を移動しています

その後玄関にも、これは母の介護保険を使ってですが
手すりをつけました
 
年寄り二人暮らしなので、怪我のないように願うばかりです


このページのトップヘ